うつ病治療には,時間も医療費もかかることがあります.
    安定した治療に専念するために公的支援を導入して,医療費など負担を軽減をしましょう.
    また,うつ病に限らず,心の病の種類によっては,障害手帳・障害年金などの制度もあります.
    治療に専念するためにも,これらの制度による支援が受けられるかもしれません.

 

TOP > うつ病治療のための公的支援

 2006年,筆者がうつ病治療を始めてから,1年が経ちます.
 うつ病治療をはじめ,心の病の治療には,思っている以上に時間がかかります.
 そのため,医療費が3割負担から1割負担に軽減される,自立支援法などの支援が用意されています.
 他にも,病気によって日常生活や就労などの社会生活に支障が出る場合の,公的支援が用意されています.
 
 制度によっては,厳しい基準もありますが,円滑な治療を継続するためにも必要であれば,
 まず,医師や市役所や社会保険事務所(年金)に相談してみましょう.
 




自立支援法 自立支援法

うつ病治療は思っているより長期にわたります.医師に相談・確認をお勧めします.

障害者手帳

うつ病など,長期にわたり日常・社会生活への制約がある人のための制度です.

年金制度の確認

国民年金・厚生年金,みなさん未納とかありませんか?障害年金申請を予定されているならチェックしましょう.

障害年金

障害手帳とは別の制度で,日常生活・就労面で困難な状況の患者さんのための制度です.











うつ病治療.comでは,---Blue Note---四つ葉のクローバーのホームページ素材集から提供していただいたHP素材を使用しています.
うつ病治療.comは2006年から公開しています.医療や公的支援の情報など変更されることもありますのでご了承ください.
※サイト内に記載されている画像及び文章の無断転載・無断引用は固くお断りします.
※このサイトはリンクフリーです.事後でも構いませんので,ご連絡いただけると励みになります.
※医師の処方なく精神医薬品をネットで購入したり,人手に譲る行為は薬事法,麻薬及び向精神薬取締法によって罰せられます.