社会不安障害SAD)はいわゆる「あがり症」といった性格からくるものと思われていた病です.
    心の病ですので,正しい治療を受ければ,社会不安障害はきちんと治ります.
    
    

 

TOP > うつ病につながる疾患 > 社会不安障害(SAD)

社会不安障害(SAD)・あがり症

 社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)は,1980年代まであまり注意されてこなかった病気です.しかも,患者さんの大半が「あがり症」といった,自分の性格が悪いのだと考えて,一人で苦しんでいる場合が多いのも特徴的です.社会不安障害は治療可能ですので,あくまで病気なんだと知ることが大切です.


社会不安障害症状
 人からの評価に敏感で,人前で恥ずかしい思いをするのではないかとひどく心配になって,苦しい思いをしたり,日常生活に支障が出てきたりするようになります.多くの人の前で話をすること,人から見られたり注目されたりすることなど,人とふれあう場面で恐怖心が生じてきます.また,この程度のことで不安になるのは問題だと考えて,人と付き合うような場面を避けるようになります.

 それと同時に,紅潮,発汗,振るえ,動悸,どもり,吃音,消化器症状(下痢,腹痛)などの種々の身体症状も出てきます.こうした症状のためにますます不安が強くなり,人前を避けるようになるという悪循環が生じてきます.また,そのために,学業,就職,婚姻などの社会生活に大きな問題を抱えることにもなります.

 社会不安障害は,放っておくと悪化しパニック障害やアルコール依存症,うつ病の発症につながる懸念もされています.また,ただのあがり症というように患者さん本人の性格として決め付けてしまうため,周りの人は本人が社会不安障害で悩んでいることに気づきません.「内気な子」,「無気力な子」と家族や友人を思っていませんか? もしかして社会不安障害なのかな,と思ったら気軽に専門のお医者さんやカウンセラーに相談してみましょう.


社会不安障害の治療法と対処法
  ◆社会不安障害はうつ病のようにSSRIや抗不安薬の併用で投薬治療が確立されています.
  ◆接客・営業などが辛い場合,正直に仕事量を減らしてもらうか,
   対人緊張の少ない内勤の仕事に代えてもらえないか相談してみる.
  ◆投薬治療をされる場合,最初の2週間ほどは薬の効き目も弱いのですが,長いスパンで治療に専念してみましょう.


 社会不安障害は対人緊張が主なストレスとなって生じる疾病です.ご自分の性格と決め付けず,日常生活に支障が出てくるようであれば,専門医に相談してみましょう.また社会不安障害の治療を受けながらでも,働くことは十分出来ます.むしろお薬が効いて,スムーズに接客や対応が出来た時は,自分の自信につながりますから,その前向き思考を大切にしていくと,回復も早いようです.



対人関係療法でなおす 社交不安障害



「性格の問題」ではなく「心の病」かもしれません.
人付き合いの面で強い恐怖心や不安を抱き,それが当人の社会生活に支障を及ぼしている状態のことを「社交不安障害」とも呼びます.
【目次】
第I部 社交不安障害という病気を知る
第1章 社交不安障害とは
第2章 社交不安障害の症状の特徴
第3章 社交不安障害と対人関係のかかわり
第4章 社交不安障害に対する治療法
第5章 自分には治療が効かないと思っている人へ

第II部 社交不安障害に対する対人関係療法
第6章 社交不安障害を「病気」として認識する
第7章 治療で目指していくこと
第8章 対人関係療法で焦点を当てていくこと
弟9章 「役割不安」を乗り越えるために
第10章 社交不安に対処する上で役に立つ考え方
弟11章 「治療を終える」という考え方を、病気への取り組みに生かす
第12章 家族にできること





うつ病治療.com   うつ病につながる病気の目次  

1.女性のうつ病  2.高齢者のうつ病  3.季節うつ病  4.神経症(対人恐怖) 
5.心身症(身体表現性障害)  6.睡眠障害  7.パニック障害