心身症身体表現性障害)とは心の病と思われがちですが,これは誤りです.
    心身症は,心のストレスに対する過剰反応が,「体の病気」を引き起こしてしまうものです.
    
    

 

TOP > うつ病につながる疾患 > 心身症(身体表現性障害)

心身症・身体表現性障害

 心身症とは心の病と思われがちですが,これは誤りです.心身症は,心のストレスに対する過剰反応が,「体の病気」を引き起こしてしまうものです.また,似た病名である神経症は,ストレスの影響が心に現れる病気です. (身体表現性障害は比較的新しい用語で,以前は心身症と呼ばれていました.現在はどちらの用語も混在して使われています)


心身症として起こる病気とは>
 ◆胃・十二指腸潰瘍,過敏性腸症候群などの消化器系の病気.
 ◆狭心症や心筋梗塞といった循環器系の病気.
 ◆アトピー性皮膚炎や円形脱毛症といった皮膚の病気.
 ◆緊張性頭痛や神経性食欲不振症(拒食症).
  などなど,発症する病気は多岐にわたります.


 また,気をつけなければならないのが,心身症として起こる生活習慣病患者が多いことです. 偏った食生活や運動不足など,生活習慣の乱れは,本人が自覚していないだけで,心の問題がからんでいることが少なくないのです. さらに,精神的ストレスやそれによる生活習慣の乱れが,ガンを促進することもよく言われます.



心身症の原因となる心の問題◇
 心身症を引き起こすストレスには,「欲求不満」と「心理的葛藤」が関係しています.

  ◆現実心身症:家族を失うなどして,心に強い負担がかかり,体の病気が出る場合.
  ◆性格心身症:完璧主義の人が,何事にも手抜きせずにいて,心的ストレスが溜まり発症する場合.


 このように心身症は「体の病気」として表れるので,主に内科などで治療される場合が多いと思います.ただし,治療の際に「体の病気」だけでなく,「心身症」として原因であるストレスについても医師に対応してもらうのがベスト.心の問題を解決するために,抗不安薬や抗うつ薬など薬物治療を用いたり,心理テストやカウンセリングを行います.患者側の心理的葛藤を取り除くため,認知療法を取り入れたりもするそうです.体の不調があれば,まずは信頼できるお医者さんへ.





こころの科学 167号 身体表現性障害



心の病?それとも体の病?
専門的な雑誌ではありますが,心身症について細かく分類などされています.
●総説
●国際疾病分類に含まれる疾患
●身体表現性障害に含めることもある疾患
●身体表現性障害との合併や鑑別
●世代別・身体科にみる身体表現性障害
●検査で異常がみられない身体疾患と身体表現性障害

※より細かい内容はリンク先の『目次』を見てください.






 うつ病治療.com   うつ病につながる病気の目次

1.女性のうつ病  2.高齢者のうつ病  3.季節うつ病  4.神経症(対人恐怖) 
6.睡眠障害  7.パニック障害  8.社会不安障害(あがり症)